2019年4月25日 (木)

告知板

  • メーデー 5月1日(水)13時30分~
    扇町公園
  • 大阪総がかり集会
    5月3日(金)13時30分~ 扇町公園
  • 府労委命令取消裁判 
    5月8日(水)11時~ 大阪地裁

告知板

【 大阪市労組 第488号-2019年4月25日号より 】

| | コメント (0)

欠員問題の解決には労働条件や配置基準の見直しなど抜本的な改善が必要

 新年度が始まり、保育所には子どもたちの元気な声が響いていますが、4月当初から欠員状態の保育所が何か所もあります。病欠や産休代替、障がい児対応、また休日保育担当やつどいの広場(※)、一時保護所など多くの職場が欠員となっています。

 何年も前から、年度途中の病欠や産休代替の職員が募集しても集まらず、大阪市の保育所は欠員が常態化しています。近年は、新年度のスタート時からの欠員も増えてきており、職員の転勤や新入児の入所などで落ち着かない中、安全の確保も難しい状態です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

メーデーは「8時間労働制」の訴えからスタート 人間らしく暮らせる社会を求めることは今も変わらない

 5月1日に大阪メーデー、5月3日は総がかり集会が扇町公園で開催されます。平和であってこそ輝く未来がつくれます。立場の違いをこえて、ぜひ2つの集会に参加してください。

201904251  

8時間働いて普通に暮らせる賃金を 5月1日・メーデー

 世界の労働者と連帯し、90回目を迎える!!

 19世紀はじめ欧米諸国は、「日の出から日没まで」が労働時間とされ、14時間、16時間が普通という過酷な労働時間におかれていました。こうした中、1886年5月1日、アメリカ・シカゴの労働者を中心に「8時間労働制」を求めて決起したのがメーデーの起源とされています。そして、34年後の1920年東京・上野公園で日本初のメーデーが開かれ、今年で90年目を迎えます。

 今年のメーデーは、統一地方選、衆院補選、参院選がおこなわれるなど「選挙イヤー」の年に実施されます。安倍政権が進める「2020年改憲」に反対し、職場、地域から「3000万人署名」をさらに推進し、市民と野党共闘の力で安倍政権を退陣に追い込むチャンスです。同時に生産性向上のための「働き方改革」ではなく、「8時間普通に働いて暮らせる賃金とワークルールづくり」も大切な課題です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

カジノよりお金の循環成長より衰退させない

 大阪府・市のIR(カジノを中核とする統合型リゾート)構想案は、カジノ業者に3800億円を稼いでもらう計画です。内訳は外国人から2200億円、日本人から1600億円です。

 阪南大学の桜田照雄教授によれば、「シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズというカジノに当てはめると、4兆円もの博打をしてもらわないと1600億円を巻き上げることはできない」といいます。大阪府・市IR推進局が発行しているパンフでは、「大阪の持続的な経済成長のエンジンとなるのがIRです」と書いています。しかし、ギャンブル依存症や家庭崩壊などで住民を不幸にする経済成長は、「成長」とは言えません。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019フレッシュパーティ どうしたら組合に入れるの?

201904252   

 4月5日、今年も市労組主催の「2019フレッシュパーティー」を天王寺区内で開催しました。1週間の研修を終えた新規採用者が次々と参加し、パワーポイントを使っての「組合の紹介」を見てもらったり、先輩の組合員の話を聞いてもらったりしました。

 パーティーは新規採用者と懇談するいい機会になりました。「どうしたら組合に入れるのか」との質問もあり、楽しい時間を過ごしていただけたと思っています。
 市労組では引き続き、交流会や給与の学習会を予定しています。

2019フレッシュパーティ どうしたら組合に入れるの?

【 大阪市労組 第488号-2019年4月25日号より 】

| | コメント (0)

10連休は近場でほっこり ~水辺の散歩道と住宅街 友呂岐緑地&萱島~

京阪本線寝屋川市駅前の寝屋川せせらぎ公園を経て、友呂岐(ともろぎ)緑地を南下して、萱島(かやしま)の住宅街を歩く。川や水路とともに歩んできた地域の歴史に思いを馳せる。

201904253

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

告知板

  • しゃべり場 4月24日(水)18時45分~ 
    ヴィアーレ・ローザホール
  • メーデー 5月1日(水)13時30分~
    扇町公園
  • 大阪総がかり集会 
    5月3日(金)13時30分~
    扇町公園

 

告知板

【 大阪市労組 第487号-2019年3月26日号より 】

 

| | コメント (0)

国民春闘勝利!3・14大阪総行動の取り組みで「2019年市労組連春闘要求」を申し入れ

 2019032607 市労組連は、2019年国民春闘をすすめる立場で、民間労組と連帯し「勝ち取ろう!大幅賃上げ、8時間働けばふつうに暮らせる社会に」をスローガンにかかげて、とりくんでいます。

大阪市に働く全ての労働者の賃金引き上げや労働条件の改善が、市民の暮らしや雇用を安定させることに繋がるものと位置づけたとりくみを、職場と地域ですすめています。特に大阪市の職員、非正規職員の賃金引き上げや労働条件の改善は、地域の基幹産業となっている福祉、介護、医療職場等に大きく影響を与えます。内需を拡大し地域経済を活性化させるためにも、3・14大阪総行動のとりくみとして、3月14日、大阪市に対して2019年市労組連春闘要求を申し入れました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

最低賃金1500円を求めパレード

 3月8日、中央公会堂前の水上ステージで大阪労連・非正規労働者部会主催の「みんなで実現!最賃1500円パレード」が行われました。府内各地から正規労働者・非正規労働者が集まり、「8時間働けば誰もが人間らしく暮らせる社会を実現しよう」とアピールしました。

 非正規部会からは﹁賃金格差や雇用不安など深刻な職場実態の報告があり、賃金と労働条件を改善し府民のくらしが守られる社会にしよう﹂と呼びかけました。各団体からの訴えなどのあと、参加者は元気よくパレードに出発し、最低賃金1500円を求めるアピールを街角に響かせました。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

告知板

  • 春をよぶ府民のつどい 
    3月3日(日)10時~ 中央公会堂
  • 国際女性デー大阪集会 
    3月8日(金)18時30分~ ドーンセンター
  • なくせ原発 おおさか大集会 
    3月10日(日)13時30分~ エルシアター

201902262

告知板

【 大阪市労組 第486号-2019年2月26日号より 】

| | コメント (0)

技能労務職員給与の見直し(減額)提案は先送り 組合の指摘を受け平成31年4月1日実施は見送られる

市人事委員会の調査結果をもとに、昨年9月13日、市労組連に「技能労務職員給与の減額(案)」が提案されました。市労組連は、調査データーに精確性が欠けていると指摘し、減額ありきの提案の撤回を求めてきました。市側は、市労組連の指摘を一部受け入れた形で、2月14日の本交渉において提案そのものを先送りさせるとの説明を行いました。

201902261

» 続きを読む

| | コメント (0)

団体交渉に応じるよう、大阪府労働委員会が命令 ~労使関係をよくすることが市民のためになる~

 市労組は、組合事務所の供与に関する団体交渉の申し入れを行いましたが、市側は管理運営事項として交渉さえ拒否しました。これに対して、2017年9月11日に団体交渉拒否事件として大阪府労働委員会に救済の申し立てを行いました。大阪府労働委員会は1月28日、市側が団体交渉を拒否していることを不当労働行為であると命令を出しました。市側には、「団体交渉に応じなければならない。市労組に対して『団体交渉に応じなかったことは、不当労働行為であると認められました。今後、このような行為を繰り返さないようにいたします』と文書で速やかに手渡ししなければならない」、というものです。

 大阪府労働委員会は、組合事務所供与の要求が、庁舎内に限定したものではないので管理運営に該当しない事項が含まれていることや、市側が団交を拒否したことに正当な理由は認められないし、組合の存在を軽視したものと断罪しました。命令の内容は、きわめて明解です。

 ところが吉村市長は、すぐさま大阪府労働委員会命令の取り下げを大阪地裁に提訴すると表明しました。今後は、この裁判闘争にとりくむことになります。

 市議会においても、2月19 日の財政総務委員会で委員から、「労使関係をよくすることが市民のためになる」との意見がだされるなど、市長の対応がこれでいいのかが問われています。

団体交渉に応じるよう、大阪府労働委員会が命令 ~労使関係をよくすることが市民のためになる~

【 大阪市労組 第486号-2019年2月26日号より 】

| | コメント (0)

自治体は今、何をすればいいのか?公共の役割を変質させる「自治体戦略2040構想」

 少子・高齢化がすすんでいますが、今後も少子・高齢化によって日本の人口は1億人を切り、さらに7700万人ほどいる現役世代が、2040年には4000万人台になるという予測があります。

 いわゆる2040年問題といわれている問題ですが、その対応をめぐって総務省は「自治体戦略2040構想研究会」を2017年10月に発足させて、論議しています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

IR施設はカジノのためのもの

1日24時間ギャンブル漬けにしていいのか

201902263 大阪府・市のIR(カジノを中核とする統合型リゾート)推進会議が2月12日、基本構想案を発表しました。国際会議場、展示場、ホテルなどを合わせたIR施設の総床面積は世界最大級です。年間売り上げの見込みは4800億円ですが、その8割の3800億円はカジノで見込んでいます。IRはカジノ頼みです。カジノで客の負ける金額は、実に大阪市一般会計の2割に相当するという意見もあります。これでは大阪が「食い倒れの町」から「行き倒れの町」になりかねません。

 そもそもカジノにホテルを併設するのは、客を1日24時間ギャンブル漬けにするためです。IRに家族づれを対象にしたショッピングセンターや娯楽施設をつくるのも、親をカジノに囲い込み、子どもたちを将来の客にするためです。カジノの開業は、子どもたちの未来にも禍根を残します。

カジノ反対派が多数の議会にして、カジノの申請をさせない

 IR推進局が作成した「ギャンブル等依存症予防リーフレット」には、「ギャンブルは金額と時間の限度を決めて、その範囲内で楽しむ娯楽です」とあります。しかし、わが国はカジノをとばくとして刑法で禁止してきました。娯楽であれば禁止する必用もありません。ギャンブル依存症対策の必要もなければ、入場制限を行う必要もありません。

 昨年、強硬採決されたカジノ実施法では、自治体が国へ申請しない限りカジノは設置できません。自治体が国に申請するためには、都道府県議会の議決、立地市町村の同意が必要です。大阪府議会の議決と大阪市の同意がなければ、夢洲にカジノをつくることは法律によってできません。議会でカジノ反対派が多数になれば、カジノの申請を断念させることが可能です。大阪はもちろんのこと、全国どこにも「カジノをつくらせない」世論を高めましょう。市労組は引き続き、宣伝にとりくみます。

IR施設はカジノのためのもの

【 大阪市労組 第486号-2019年2月26日号より 】

| | コメント (0)

非常勤保育士もクラス担任や休日保育をしている ~会計年度任用職員制度ではどうなるのか不安~

 非常勤保育士を対象に、みんなで話しあう「しゃべり場」を1月16日に開きました。非常勤保育士の質問にていねいに答えながら、大阪市の会計年度任用職員制度について話をしました。福祉保育支部から執行委員も参加し、非常勤さんと意見交流しながら、一緒に学びました。

 参加した非常勤保育士からは、「制度について、わからないことばかりだったので、直接質問ができ説明してもらえて良かった。非常勤といっても、クラス担任やフリー、延長対応、休日保育など、いろいろな働き方があり、制度がかわるとどうなるか不安だらけです。早出や遅出、超勤が増えるなど、負担が増えるのではないか」との感想が出されました。

 大阪市の会計年度任用職員制度では、前歴加算の適用がない人は、今よりも年間収入が減るという不利益変更になる事例が発生する問題点があります。

 市労組では市公労、市労組連と連携しながら、改善に向けて交渉や運動をすすめていきます。

非常勤保育士もクラス担任や休日保育をしている ~会計年度任用職員制度ではどうなるのか不安~

【 大阪市労組 第486号-2019年2月26日号より 】

| | コメント (0)

«告知板