2023年1月31日 (火)

告知板

  • 大阪市をよくする会、市対連の合同集会
    1月27日(金) 民医連&ZOOM
  • 最賃署名スタート集会
    1月3日(金) 国労会館
  • 2023年権利討論集会
    2月18日(土) エル大阪&ZOOM

告知板
【 大阪市労組 第521号-2023年1月号より 】

| | コメント (0)

組合が求めてきた要求が…号給増設・再任用の職員に係る給料月額の改定…実現!

市労組連は1月12日、「2022年度賃金確定市労組連要求」に対する団体交渉を行いました。
この間、折衝を繰り返してきた中で、市労組連が要求してきた号給増設や再任用の職員に係る給料月額の改定(令和5年4月1日実施)が行われることになりました。

2023011

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023年市労組 旗開きを開催

2023年市労組旗開きを大阪グリーン会館2階ホールで行いました。

退職者会のオカリナクラブ「さえずり」によるオカリナ演奏、「市民合唱団グリーンコーラス」による合唱で幕を開け、その後、井脇委員長が組合事務所供与にかかる府労委闘争、裁判闘争での勝利に確信をもち今年こそ組合事務所を勝ち取る、そして大阪府知事、大阪市長選挙で維新政治をストップさせよう、と挨拶しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

4月9日 大阪の未来を左右する大事な選挙 みんなで大阪府知事・大阪市長選挙に行こう!

この春4月9日投開票で大阪府知事大阪市長選挙が行われます。私たちのトップを選ぶ大事な選挙です。コロナ感染による大阪の死者数は、7412人(1月11日現在)で全国一多く、「公衆衛生」や「住民の福祉」を守る自治体の役割が果たせていません。住んで良かった大阪、働いて良かった大阪にするためにも選挙に行きましょう!

私たち自治体労働者は日本国憲法第92条「地方自冶の本旨」に基づき、また地方自冶法第1条の2に書かれた「住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担う」という役割があります。大阪市長選挙は、2度の住民投票で政令指定都市"大阪市"を残して欲しいという民意が示された後に迎える選挙です。政令市の権限と財源を活かし住民福祉を拡充することができます。維新市政のもと住民サービスは引き下げられ、貯め込んだ財源をカジノ誘致などの大型開発に注ぎ込もうとしています。カジノ誘致には多くの人が反対しています。「カジノよりもコロナ対策を!カジノよりも防災対策を!カジノよりも住民の暮らしを!」の声が広がっています。私たちは住民のために良い仕事がしたいと願っています。しかし現場は、維新市政のもと、業務量は増大し、それに必要な人員が充分配置されない上に、欠員が出ても補充されず、長時間労働で職員はクタクタです。大阪市長選挙は、そんなみんなの願いや要求を実現させる絶好のチャンスです。住んで良かった大阪、働いて良かった大阪にするためにも選挙にいき、大阪を変えましょう!

4月9日 大阪の未来を左右する大事な選挙 みんなで大阪府知事・大阪市長選挙に行こう!

【 大阪市労組 第521号-2023年1月号より 】

 

| | コメント (0)

大軍拡路線に断固反対!

軍事費の増額やその財源のための増額をめぐる動きが報道されていますが、政府は昨年12月16日「国家安全保障戦略」など、安保3文章の改定を閣議決定しました。そこには歴代政権が違憲としてきた敵基地攻撃能力の保有が明記されるなど、危険な中身になっています。しかもこのような重大な方針の変更にも関わらず、国会での審議もなく閣議決定で強行しました。これは日本の民主主義を根底から破壊する暴挙です。

岸田首相は「専守防衛の考え方は変わらない」と言っていますが、この決定は「考え方が変わらない」どころか憲法9条の戦争放棄、戦力不保持に違反する大転換であることは明らかです。これは日本も攻撃が可能な能力を持つことになります。この敵基地攻撃能力を実行するため、米国製の長距離巡行ミサイル・トマホークなどの大量のミサイル配備計画も明記されています。まさに「戦争国家づくり」です。私たちはこの動きに抗議をするとともにこの大軍拡路線を決して許さない取り組みが必要です。

大軍拡路線に断固反対!
【 大阪市労組 第521号-2023年1月号より 】

 

| | コメント (0)

市労組事務所界隈12 角元 博

大阪市労組の事務所から西へ徒歩約20分、中央区高津町に「高津宮」があります。

浪速の地を皇都(高津宮)と定められ大阪隆昌の基を築かれた仁徳天皇を王神と仰ぐ神社です。仁徳天皇が高殿に昇られて人家の炊煙の乏しいのを見られて人民の窮乏を冊子直ちに諸税を止めて庶民を救済されました御仁政はあまねく国民の敬慕する処であります。

その御仁政に慕い平安期の初期清和天皇の貞観8年(866年)勅令(天皇の命令)によって旧都の遺跡を探索して社地を定め社殿を築いてお祭りしたのを創始といたします。以後世々皇室を始め時の幕府等の度々の御造営寄進を重ねて浪速津の守護神と仰がれ御神威輝きを渡ったのでありますが、その後700年を経た正親町天皇の天正11年(1583年)豊臣秀吉が大阪城築城に際し比売古曽神社の現在地に御遷座になり今日に及んでいます。

仁徳天皇の徳政を敬い大正10年に制定された大阪市歌にも「高津の宮の昔よりよよの栄を重ねきて民のかまどに立つ煙にぎわいまさる大阪市…」と歌われており。歌碑(写真)が建立されています。

2023013

また、上方落語「高津の富」「崇徳院」「高倉狐」の舞台として知られ、古くから大阪町人の文化の中心として賑わっていました。

市労組事務所界隈12 角元 博
【 大阪市労組 第521号-2023年1月号より 】

 

| | コメント (0)

2022年11月30日 (水)

告知板

  • 働くもののいのちと健康を守る
    学習交流集会
    12月3日(土) 国労会館
  • 秋の大阪争議支援総行動
    12月9日(金)

告知板
【 大阪市労組 第520号-2022年11月号より 】

| | コメント (0)

月例給一時金ともに引上げ回答だが要求には程遠い内容 会計年度任用職員、再任用職員も本務職員と同等の取り扱いを求める!

市労組連は給与改定、一時金にかかる最終団体交渉を11/8(火)に行いました。
市側の回答は、人事委員会の意見を踏まえ給料表の改定を行うというもので、まず、行政職給料表を作成し、その後他の専門職の給料表を作成していく。

2022111

» 続きを読む

| | コメント (0)

かがやけ憲法!おおさか総がかり集会開催

2022115

202211611月3日、かがやけ憲法!平和といのちと人権と11・3おおさか総がかり集会が扇町公園で開かれ、3000人の人々が集まりました。

同志社大学院教授の岡野八代さんがゲストスピーチ後、若者ふたりが、憲法ってなんだろう?と岡野さんとトークセッションをしました。仕事や子育ての中で、社会や政治に対して矛盾を感じ、なんとかしたいと思う中で憲法と関わるようになったと話されていました。

その後野党各党から連帯の挨拶がありました。憲法を暮らしの隅々まで生かすため、市民と野党の共闘で憲法を守り抜こうと熱い決意が述べられました。

集会最後に参加者全員で「いかそう憲法」「とめよう大軍拡」のポテッカーを一斉に掲げました。集会後、パレードをして沿道の人々にアピールしました。憲法が生きる社会の実現を目指していきましょう。

かがやけ憲法!おおさか総がかり集会開催
【 大阪市労組 第520号-2022年11月号より 】

 

| | コメント (0)

マイナ・保険証の一体化 弊害ばかり認められない

政府は、10月13日に健康保険証を2024年秋に廃止してマイナンバーカードと一体化した「マイナ保険証」に切り替える方針を打ち出しました。マイナンバー法では取得は任意です。毎月、健康保険料を払っているのに、マイナンバーカードを取得しないと病院で受診できなくなったらどうするのでしょうか。事実上のマイナカードの義務化です。断じて認められません。

» 続きを読む

| | コメント (0)

市労組事務所界隈11 角元 博

大阪市役所労働組合のある、大阪市天王寺区東上町の直ぐ北の「下味原」交差点から、千日前通りを約500メートル東に行くと、玉津3丁目交差点があり、その南北に走る「大阪市道上新庄生野線」があります。土曜日、日曜日、祝日ともなれば、若い女性が「コリアンタウン」に行く人で一杯になります。

皆さんはこの道路、「疎開道路」と呼ばれていますがご存じでしょうか?

疎開道路は、第二次世界大戦中に空襲による延焼防止を目的に建物を疎開させ敷設・拡幅された道路です。大阪市以外にも、東京都荒川区、横浜市と福岡市に通りの愛称として名前が残っているそうです。

大阪市の疎開道路は、上新庄生野線の内、東成区中道・森ノ宮住宅前交差点から生野区林寺2丁目交差点までのことのようです。

この区間は当初、大阪市の第三次都市計画事業街路中道桑津線として、1937 年3 月に認可を受けて計画されたものの、既に住宅密集地となっており用地買収には難渋が予想され、手付かずだったそうです。

第二次世界大戦中の1944 年2 月末より、この計画をそのまま転用して防火空地帯として建物が強制的に疎開され、道路として供用されることになったようです。戦時中ということもあり急速に進展したようで、1944 年3 月に開始した撤去工事が5 月10日には完成したそうです。

疎開などすることなく、いつまでも紛争のない平和な世の中でありますように…!!

市労組事務所界隈11 角元 博
【 大阪市労組 第520号-2022年11月号より 】

 

| | コメント (0)

2022年10月31日 (月)

告知板

  • なくそう官製
    ワーキングプア大阪集会
    10月30日(日)10時 ドーンセンター
  • おおさか総がかり集会  
    11月3日(木・祝)14時 扇町公園

告知板
【 大阪市労組 第519号-2022年10月号より 】

 

| | コメント (0)

大阪市人事委員会 勧告・報告(9月29日) 月例給1.93% 引上げ 一時金0.1月引上げ

9月29日、大阪市人事委員会が「職員の給与に関する報告及び勧告」を出しました。月例給、一時金ともに3年ぶりの引き上げ勧告となっています。

給与は若年層に上積み

勧告では公民較差について7564円(1.93%)とし、その分の引上げを勧告しました。これを30歳台半ばまでの層に対して、平均改定率以上を重点的に配分するとしています。また、若年層に重点配分するとしましたが、平均改定率は下回るものの中高年層も改定するように勧告しました。今年は再任用職員についても改定を勧告しました。保育士については、初任給を含む30歳台半ばまでの層を中心に行政職給料表との均衡を考慮しつつ引き上げるとしています。

一時金は0.10月引き上げを勤勉手当に配分。再任用職員についても0.05月の引上げを勧告しました。具体的には大卒初任給6000円引上げ、高卒初任給7000円引上げを勧告しました。また、獣医師については今までなかった初任給調整手当の支給対象とするとしています。一時金の引上げは勤勉手当に配分するものの、会計年度任用職員についても期末手当を同様に引き上げることに言及しています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

保険証廃止、マイナンバーカード一体化に反対!緊急ネット署名始まる…マイナンバー制度反対連絡会

10月13日、突然河野デジタル担当大臣が現在の保険証をマイナンバーカードに一体化し、保険証を廃止すると表明し、多くの国民から不安と憤りの声が上がっています。

マイナンバーカードの所持は法律上でも任意となっています。政府はポイントを付与したりしてカードの普及を目指しましたが、利便性がないことや情報漏えいなどの不安が払拭されないことなど、国民の理解が得られていないことを放置したまま、強権的に進めることは許されません。

国民が望まない保険証との一体化などとともにマイナンバーカード制度についても根本から見直すべきです。

保険証廃止、マイナンバーカード一体化に反対!緊急ネット署名始まる…マイナンバー制度反対連絡会

【 大阪市労組 第519号-2022年10月号より 】

 

| | コメント (0)

国はカジノ誘致計画を認可するな!の声を届ける

カジノに反対する大阪連絡会が9月28日、カジノ誘致計画を認可しないよう求める署名を国に提出しました。市労組からも行動に参加し、第1次分として集まった79615筆を岸田首相と斎藤国土交通大臣あてに提出しました。

行動は衆議院議員会館前での宣伝の後、国土交通省との懇談を行いました。「国交省側は、現在審査している。」「いつまでに審査しないといけないという期限はない。」「審査対象の資料に不明な点があれば内容確認をする。」「計画に法的な瑕疵があった場合は、認可後であっても認可を取り消す可能性」について言及するなど国の判断には時間がかかる様相を呈しています。

大阪のカジノ計画は国が求める基準を満たしていない

参加者からは、カジノ計画は住民にまともな説明もなく、住民投票を求める声にも耳を傾けず、住民合意なく進められている。「カジノには1円の税金も使わない」と言っていたのに、土壌改良に790億円もの負担を突然表明するなど住民を騙しながら強行されていることを指摘してきました。

国の審査は続きます。「カジノ誘致計画を認可するな」の署名は10月31日を第2次集約として引き続きとりくまれています。市労組もカジノ誘致を断念させるまで多くの署名を集めようと頑張っています。みなさんのご協力をお願いします。

国はカジノ誘致計画を認可するな!の声を届ける
【 大阪市労組 第519号-2022年10月号より 】

 

| | コメント (0)

«2023年度 大阪市予算について協議!