« 職員の生活を直撃する給与制度の大改悪「給与構造改革」 競争原理・成績主義で、賃金の「差別化」と生涯賃金の大幅ダウン | トップページ | 1月 告知板 »

2007年1月 8日 (月)

憲法とくらし、地方自治を守るため今年も猛進します

2007001_mayday  昨年末に決定された2007年度予算案は、大企業や大資産家に1兆円もの減税を約束し、防衛省に昇格したことで、軍事予算も大幅に増やされました。
一方で、庶民には1.7兆円もの増税を押し付け、また社会保障など暮らしの予算は削減され、地方交付税も大幅に削減されています。これでは、国民の暮らしや地方自治までもが破綻してしまいます。

大阪市労組は、2007年春闘をかわきりに、政府がすすめる総人件費削減攻撃に立ち向かい、職員の賃金・労働条件の改善に向けたとりくみや自治体リストラ攻撃阻止、憲法第9条をまもるたたかい、民主的公務員制度の確立、市民サービス切り捨て・職員犠牲の市政や国政の刷新に、今年も全力で猛進します。


憲法とくらし、地方自治を守るため今年も猛進します
【 大阪市労組 第348号-2007年1月1・15日合併号より 】

|

« 職員の生活を直撃する給与制度の大改悪「給与構造改革」 競争原理・成績主義で、賃金の「差別化」と生涯賃金の大幅ダウン | トップページ | 1月 告知板 »