« 査定昇給 「人事評価」の結果で昇給幅に格差 「市民の声より上司の意見」のヒラメ公務員づくり | トップページ | 標準職務表 一生2級どまりもありの行政職 主任でないと現行7級は確保されない技能労務職 »

2007年2月14日 (水)

生涯賃金 生涯賃金の格差は最大1億円!? これで市民のための仕事ができるの?

349_syougai_tingin 市側がモチベーションが上がると繰り返す「査定昇給」や一部の「勝ち組」職員に有利な「昇格基準」など、格差と分断を生む制度の強行がねらわれています。

行政も技労も役付に昇任しなければ、給料は上がらず、不完全な「人事評価制度」とのリンクによって昇給幅に2倍以上の差がつき、それが毎年のように繰り返されるとしたら、格差は大きく開きます。

組織全体で分担して住民に仕事をしている公務職場に、あえて個々の職員に優劣をつけて賃金で差別するなど、もともと無茶な話です。


生涯賃金 生涯賃金の格差は最大1億円!? これで市民のための仕事ができるの?
【 大阪市労組 第349号-2007年2月7日号より 】

|

« 査定昇給 「人事評価」の結果で昇給幅に格差 「市民の声より上司の意見」のヒラメ公務員づくり | トップページ | 標準職務表 一生2級どまりもありの行政職 主任でないと現行7級は確保されない技能労務職 »