« コラム 中之島 | トップページ | 11月 告知板 »

2008年11月20日 (木)

職員犠牲を露払いに市民犠牲を求める「経費削減(素案)」の撤回を!パブリックコメントをどんどん提出しよう!

 大阪市は、パブリックコメントを11月28日まで募集していますが、中間発表の状況では問題点が十分に反映したものとはなっていません。市民や職員の怒りを正確に反映させることによって、素案の内容を変更させるとりくみが重要になってきています。

200811201 くらしも健康もこのままでは大変なことに!

 阿倍野再開発事業やUSJのための区画整理でできた赤字の穴埋めのため、5%の賃金カットを9年間続け、職員数もさらに2600人削減し、1200億円の経費を生み出そうというのが経費削減(素案)の中身です。

 前市長時代の、昨年の中期的な収支概算では、公債償還基金の運用で乗り切る案が検討されていたのに…、それもそのはず、4000億円の基金があり、その中に関電の株や債権の含み資産を計算すればさらに総額は膨らみます。財界向けの「安定財政」を強調する根拠は十分にあります。

 「財政危機」論のごまかしを打ち破り、市民サービスの充実のために、安心して仕事ができる体制を確保することは、職員の健康破壊を予防する決定打にもなります。

 さらに、貧困と格差にあえぐ市民生活に追い討ちをかける「経費削減(素案)」の撤回こそが必要です。
 アメリカ発のカジノ資本主義が破綻し、国際的に実体経済を支援する方向の強まりが明らかになるなか、大阪市が市民生活を破壊する素案は、逆流そのものです。

200811202 市民の怒り・職員の怒りを届けよう

 大阪市は、この「経費削減(素案)」に対するパブリックコメントを11月28日まで募集しています。
 職員はもとより、市民生活をさらに深刻なものへと追い込む「経費削減(素案)」に対して、市労組は、しっかり反対の意思を明らかにしたパブリックコメントの提出行動を呼びかけています。

 大阪市対連も、11月26日(水)を統一提出行動と位置づけ、提出行動を設定しています。パブリックコメントを広く呼びかけ、統一提出行動を成功させましょう。

○大阪市対連パブリックコメント提出行動

11月26日(水)
・10時~中之島女神像前
・15時~本庁舎会議室
・18時~集会後翌日提出

○大阪市労組連「経費削減(素案)」撤回!総決起集会

11月26日(水)18時30分~
   本庁舎南側

職員犠牲を露払いに市民犠牲を求める「経費削減(素案)」の撤回を!パブリックコメントをどんどん提出しよう!
【 大阪市労組 第373号-2008年11月20日号より 】

|

« コラム 中之島 | トップページ | 11月 告知板 »