« コラム 中之島 | トップページ | 10月~11月 告知板 »

2009年10月21日 (水)

一時金0.35月カットで人件費削減目標額50億を超過達成75億するのに 新たな財源不足とうそぶき更なるカットを押付ける大阪市

賃金カット・敬老パス「見直し」ねらい「財源不足130億円」?!

200910264

人件費削減は、阿倍野再開発の後始末?!

 「中期的な財政収支概算」(平成21年7月版)によると、阿倍野再開発の赤字の処理に来年度46億円の増が見込まれ、平成24年度以後は毎年約200億円を投入することが計画されています。一方、人件費は来年度80億の減を見込んでおり、その後の人件費削減額がそっくり赤字の穴埋めに回る勘定です。

住民サービス維持に限界!

人件費削減のため新規採用凍結が続けられ、4年間で職員数は約7500人も減少しています。職場では要員不足によって長時間・過密労働による健康被害が大きな問題となるとともに、住民サービスに必要な知識や経験の継承ができず「個々の職員の努力では限界だ」という悲痛な叫びが起こっています。

「賃金カット」直ちに中止を!

市当局の「経費削減の取組」による賃金カットの目標額は、平成20年度比でマイナス50億円という提案でした。ところが人事委員会勧告のマイナス改定や一時金0.35月ダウンが実施されれば、一時金マイナスが大きく影響して、11月まで賃金カットを継続したとして約75億円の削減が達成されます。これまでの当局の提案を踏まえるならば、賃金確定交渉を前に、賃金カットの中止を表明することが当然のことです。

一時金0.35月カットで人件費削減目標額50億を超過達成75億するのに 新たな財源不足とうそぶき更なるカットを押付ける大阪市

【 大阪市労組 第384号-2009年10月21日号より 】

|

« コラム 中之島 | トップページ | 10月~11月 告知板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コラム 中之島 | トップページ | 10月~11月 告知板 »