« 行政職3級等の高位号給カットで約200人以上に影響が! | トップページ | ~デフレスパイラルにつながる賃金カットは中止を!!引き続くたたかいに怒りの声を!!~ »

2009年12月15日 (火)

削減目標(50億円)を超過達成(75億円)した「賃金カット」は直ちに中止を!!

2009121502 今年の確定闘争では、市側は「人件費の削減目標▲50億円は超過達成し▲75億円にも達しているため賃金カットについては終了すべきところ」としながらも、本年7月版の収支概算を理由に賃金カットの継続と人事委員会勧告の実施を繰り返し提案し、給与改定と来年3月までの賃金カット(3.3%)の継続を強行しています。

 来年4月からは、継続協議となりましたが、日本経済がデフレ状況にある中での公務員の賃金カットは、民間労働者の賃金にも悪影響を与えることは必死です。消費が冷え込む中で安くても物が売れないデフレスパイラルの助長につながります。

 市労組は、職員の賃金カットは、敬老パスの有料化や上下水道の福祉減免措置の廃止など、市民サービスのカットのための露払いであり、阿倍野再開発や此花臨海部開発などの赤字の穴埋めやWTCへの府庁移転を契機としたベイエリア開発再開に向けた投資的経費の確保であることを指摘しながら、引き続き賃金カットについての再考を求めていきます。

 ~デフレスパイラルにつながる賃金カットは中止を!!引き続くたたかいに怒りの声を!!~

【 大阪市労組 第386号-2009年12月15日号より 】

|

« 行政職3級等の高位号給カットで約200人以上に影響が! | トップページ | ~デフレスパイラルにつながる賃金カットは中止を!!引き続くたたかいに怒りの声を!!~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行政職3級等の高位号給カットで約200人以上に影響が! | トップページ | ~デフレスパイラルにつながる賃金カットは中止を!!引き続くたたかいに怒りの声を!!~ »