« 市労組レーダー | トップページ | 自治労連第18回全国囲碁将棋大会 将棋の部(団体)でみごと初優勝 »

2011年8月 1日 (月)

シリーズ労安:メンタルヘルスアンケートのとりくみ

大阪市は平成23年3月28日付で策定した「大阪市職員心の健康づくり計画」に基づき、「ストレス調査」を実施しました。職員に配布された調査票は厚労省から委託され研究グループが策定した「職業性ストレス簡易調査票」と「K6質問票」から作成されたものです。今回の調査は「個人の早期の気づき」はもちろんのこと、職場環境や業務との関連を検討し、職場環境改善に取り組み、職員の健康障害を未然に防ぐことを目的に取り組まれました。

市労組は長年にわたり、「年々増加し続けるメンタルヘルス不全に対しての対策として、まず職場の実態の把握をし、その結果から原因の分析と職場環境の改善を実施すべき」「全職員のストレス調査を実施するよう」に要請し、職場改善こそが一番のメンタルヘルス対策になることを指摘してきました。

この点において今回実施される「ストレス調査」は評価できるものです。プライバシーに十分配慮され、大阪市から委託された民間の業者が結果を個人宛に返送すると同時に、局・区や課・グループごとの結果を所属長に返却し、結果を検討していく作業に入るようです。

市労組としては「個人のプライバシーが十分に守られること」「結果についての検討が職場環境の改善に活かされる」ことに留意し、労働組合として結果の開示や検討のメンバーに入ることなど要求していきます。私たちは「働く者の健康は職場環境や業務と密接に関係する」と言うことを基本に据え、労働組合の役割を十分に発揮し、職場の声や実態を反映していきたいと思います。

シリーズ労安:メンタルヘルスアンケートのとりくみ

【 大阪市労組 第405号-2011年8月1日号より 】

|

« 市労組レーダー | トップページ | 自治労連第18回全国囲碁将棋大会 将棋の部(団体)でみごと初優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市労組レーダー | トップページ | 自治労連第18回全国囲碁将棋大会 将棋の部(団体)でみごと初優勝 »