« 「9条の会おおさか」講演会 ~赤川次郎さんが戦争と原発問題を語る~ | トップページ | 私たちは公立保育所・公立幼稚園民営化は反対です! ~市民と共同した取り組みすすむ~ »

2013年5月28日 (火)

夏季手当 月収の2.8月+50,000円を要求

 市労組は、5月13日に市側に対して「2013年度夏季手当の申し入れ」を行いました。
 申し入れた内容は、次の通りです。
1.支給額;基準月収の2.8月+50,000円
2.支給日;2013年6月28日
 ただし、次のことを踏まえた内容とすること。

① 職務段階別加算についてはこれを撤廃することとし一律に増額をはかること。あわせて、格差解消にむけて具体的措置を講ずること。
② 臨時的任用職員・再任用職員についても本務職員と同様に措置すること。
また、非常勤嘱託職員などの非正規職員も均等待遇の立場から一時金を支給すること。
③ 勤勉手当の成績率や「実勤務・欠勤日数の区分に応じた割合」については廃止すること。
 

 大幅な賃金カットが強行されている中「このままでは生活費が足りない」「賃金は減り続けているのに仕事は増える一方」「老後の生活が心配」「子どもの養育費が足りない」など、職員の一時金に対する期待は今まで以上に切実なものになっています。幹部職員に特に手厚い「職務段階別加算制度」の撤廃とその原資を全職員に一律増額し、職場に多数いる非正規職員についても一時金を支給することなどを強く求めています。

夏季手当 月収の2.8月+50,000円を要求

【 大阪市労組 第421号-2013年5月28日号より 】

|

« 「9条の会おおさか」講演会 ~赤川次郎さんが戦争と原発問題を語る~ | トップページ | 私たちは公立保育所・公立幼稚園民営化は反対です! ~市民と共同した取り組みすすむ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「9条の会おおさか」講演会 ~赤川次郎さんが戦争と原発問題を語る~ | トップページ | 私たちは公立保育所・公立幼稚園民営化は反対です! ~市民と共同した取り組みすすむ~ »