« 2015年保育新制度実施に向け、9月市議会で条例化、こどもたちの命を守る基準を! | トップページ | 要員増やせの職場の声は全国調査団の要求と一致 ~大阪市生活保護行政問題全国調査報告集会~ »

2014年8月28日 (木)

「市労組裁判2周年・結成24周年」のつどいを開催

第11回思想調査アンケート裁判・報告集会

 20140828037月30日、大阪市思想調査アンケート裁判の第11回口頭弁論・その後の報告集会が開かれました。裁判では、大阪市側が出した書面で「業務命令の主体はアンケートの実施そのものではない」と主張したことに対し、西晃弁護士が「6月4日に中央労働委員会がはっきりとアンケートは大阪市が業務命令として行ったものとして不当労働行為と断じている」と厳しく追及しました。

多くの支援者から激励を受けた「つどい」

 夕方には「裁判2周年・市労組結成24周年のつどい」がグリーン会館で開催されました。
 大阪自治労連・大阪労連をはじめ、市労組OB応援団や多くの団体が駆けつけ、「市労組が裁判に提訴したことは正しい選択だった」「裁判に立ち上がったからこそ、今、情勢が少しずつ変わり始めている」など、ともにたたかってきた仲間の温かい連帯のメッセージが続きました。弁護団からも「この裁判は不当労働行為だけでなく、思想信条の自由、人格権、団結権を侵害する憲法違反であり、謝罪と賠償を求めているものだ。次回証人尋問が最大の山場となる。裁判所との約束通り大法廷で行われるので大きな支援を」と強調されました。

裁判も大詰め、勝利するまで奮闘を誓う

 いよいよ裁判も証人尋問に入ります。市労組は今まで「憲法が輝く自治体を」をスローガンに裁判だけでなく、住民のための自治体労働者とした働き方を追求しいろんな運動に参加してきました。「住んでよかった」「働きがいのある職場」をめざして、多くの支援者とともに最後まで頑張っていきたいと思います。

「市労組裁判2周年・結成24周年」のつどいを開催

【 大阪市労組 第435号-2014年8月28日号より 】

|

« 2015年保育新制度実施に向け、9月市議会で条例化、こどもたちの命を守る基準を! | トップページ | 要員増やせの職場の声は全国調査団の要求と一致 ~大阪市生活保護行政問題全国調査報告集会~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年保育新制度実施に向け、9月市議会で条例化、こどもたちの命を守る基準を! | トップページ | 要員増やせの職場の声は全国調査団の要求と一致 ~大阪市生活保護行政問題全国調査報告集会~ »