« 告知板 | トップページ | IR施設はカジノのためのもの »

2019年2月26日 (火)

非常勤保育士もクラス担任や休日保育をしている ~会計年度任用職員制度ではどうなるのか不安~

 非常勤保育士を対象に、みんなで話しあう「しゃべり場」を1月16日に開きました。非常勤保育士の質問にていねいに答えながら、大阪市の会計年度任用職員制度について話をしました。福祉保育支部から執行委員も参加し、非常勤さんと意見交流しながら、一緒に学びました。

 参加した非常勤保育士からは、「制度について、わからないことばかりだったので、直接質問ができ説明してもらえて良かった。非常勤といっても、クラス担任やフリー、延長対応、休日保育など、いろいろな働き方があり、制度がかわるとどうなるか不安だらけです。早出や遅出、超勤が増えるなど、負担が増えるのではないか」との感想が出されました。

 大阪市の会計年度任用職員制度では、前歴加算の適用がない人は、今よりも年間収入が減るという不利益変更になる事例が発生する問題点があります。

 市労組では市公労、市労組連と連携しながら、改善に向けて交渉や運動をすすめていきます。

非常勤保育士もクラス担任や休日保育をしている ~会計年度任用職員制度ではどうなるのか不安~

【 大阪市労組 第486号-2019年2月26日号より 】

|

« 告知板 | トップページ | IR施設はカジノのためのもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 告知板 | トップページ | IR施設はカジノのためのもの »