2016年11月25日 (金)

心気一点 杉原千畝を知っていますか

 2016112505杉原千畝は第2次大戦中、6,000人のユダヤ人を救ったリトアニアの領事です。10月のある日、岐阜県八百津町にある杉原千畝記念館に行ってみました。

 記念館に入ると、いきなりホロコーストなどの写真や展示が目に入ります。近くの親子連れのお父さんは、ユダヤ人虐殺のことなどを子どもに教えていました。杉原千畝は、ナチス・ドイツの迫害から逃れてきたユダヤ人のために、外務省の方針に従わずビザを発給しました。戦時中に、国の方針に忠実であるはずの一外交官が、なぜそこまでのことができたのか?そんなことを考えながら記念館を回りました。

 彼は、命の危険にさらされている人間を救うという目的のために、法律や規則を柔軟に解釈して活用したようです。そして、交渉も重ね、ビザ発給の決断をした、そんな経過が展示から見えてきました。もちろん、その背後にはユダヤ人たちの必死の働きかけがあり、それが彼の人間性を引き出したのでしょう。まさに人道的判断と言われるところです。

 記念館の2階からは山と木曽川に囲まれた八百津の町並みが望め、自然豊かな人道の丘公園は散策も楽しめます。みなさんも、一度杉原千畝記念館を訪れてみてください。また、映画「杉原千畝」も感動ものですよ。

組合員の皆さんの投稿をお待ちしています。

心気一点 杉原千畝を知っていますか

【 大阪市労組 第459号-2016年11月25日号より 】

| | コメント (0)

2016年10月27日 (木)

告知板

  • 市労組労働組合基礎講座第 2回目
    10月31日(月)18時45分~
  • なくそう官制ワーキングプア―第4回大阪集会 
    11月3日(木)10時~17時 エル大阪
  • 憲法公布70年ストップ改憲!ゆるすな戦争法!
    「9条の会おおさか」 11月3日(祝) ドーンセンター
  • ( 原発ゼロの会)イレブンアクション宣伝
    11月11日(金)17時30分~ なんば
  • 第33回まいど美術展 
    11月25日(金) 11月30日(水) 上本町ギャラリー

告知板

【 大阪市労組 第458号-2016年10月27日号より 】

| | コメント (0)

2016年9月28日 (水)

心気一点「再任用職員のつぶやき」

 大阪市の職場には、再任用職員・嘱託職員・任期付職員など非正規職員が増えています。週30時間勤務の再任用では短時間勤務にもかかわらず、フルタイムと変わらない仕事量があります。また、再任用職員の労働条件は区ごとに違いがあり、残業を認める区と認めない区、選挙従事者に委嘱する区とそうでない区、防災の任務を与えられている区とそうでない区など様々です。残業を認めていない区の繁忙期は悲惨なもので、「残った仕事は残業が認められている担当係長がすればいい」というのですが、担当係長も自分の仕事が山ほどあり、市民に迷惑をかけないためにはサービス残業を余儀なくされることになります。

 退職前の仕事をそのまま担当した再任用職員は、今まで残業してようやくこなせていた仕事量を残業なしではできません。年金制度の改悪が続くなか、今の再任用制度には問題がたくさんあり、処遇の改善とともに根本的には正規職員を増やすことが求められると思います。

組合員の皆さんの投稿をお待ちしています。

心気一点「再任用職員のつぶやき」

【 大阪市労組 第457号-2016年9月28日号より 】

| | コメント (0)

2015年2月26日 (木)

告知板

  • 大阪労連市地区春闘宣言集会
    2月26日(木)午後6時30分~ 住まい情報センター
  • 組合事務所高裁第2回期日
    2月27日(金)午後2時~ 本館202号大法廷
  • 大阪自治労連組織・共済交流集会
    2月28日(土)~3月1日 大阪コロナホテル
  • 中央区第2回自治体学校
    3月1日(日)午後2時~ 大阪クリスチャンセンター
  • 3.4中央行動 3月4日(水)

告知板

【 大阪市労組 第441号-2015年2月26日号より 】

| | コメント (0)

2014年10月29日 (水)

告知板

  • ランチタイム市役所包囲・集会、パレード
    10月29日(水)午後0時15分~ 市役所南側
  • 市労組秋の企画 
    11月2日(日) 服部緑地公園
  • 平野区地域自治体学校
    11月9日(日)午後1時30分~ 長原会館
  • 住吉区地域自治体学校
    11月15日(土)午後1時30分~ 住吉診療所
  • 思想調査アンケート裁判第12回期日(証人尋問)
    11月17日(月)午前10時~ 大阪地裁202号法廷

告知板

【 大阪市労組 第437号-2014年10月29日号より 】

| | コメント (0)

2014年3月26日 (水)

告知板

  • 2014年度要員交渉 3月28日(金)午後4時30分~
  • 中央区地域自治体学校 3月30日(日)午後1時30分~ 府社会福祉会館
  • 大阪にカジノいりまへん集会 4月6日(日)午後1時30分~ 住まい情報センター
  • 仕事・職場から憲法を生かす全国集会 4月19日(土)~20日 東京

告知板

【 大阪市労組 第431号-2014年3月27日号より 】

|

2013年7月25日 (木)

告知板

8/3 自治体学校in新潟(~5)
8/3 原水爆禁止国際会議(~5)
8/3 近畿ブロック労働セミナー(~4)
8/5 原水爆禁止世界大会(広島)(~6)
8/7 原水爆禁止世界大会(長崎)(~9)
8/10 講座とシンポ「今改めて問う生活保護制度の役割」
8/10 全国保育団体合同研修集会in神奈川(~12)

告知板

【 大阪市労組 第423号-2013年7月25日号より 】

| | コメント (0)

2013年2月28日 (木)

告知板

3/1 3.1ビキニデー
3/2 防災まちづくり研究会提言報告集会
3/7 「社会保障改革推進法を斬る」学習会
3/8 国際女性デー大阪集会
3/9 大阪自治労連駅伝大会
3/10 さよなら原発3.10関西2万人集会
3/14 2013春闘大阪総行動
3/17 春の憲法学習講座
3/18 第6回市労組組合事務所裁判
3/23 市労組・市公労組織集会

告知板

【 大阪市労組 第418号-2013年2月28日号より 】

| | コメント (0)

2012年6月22日 (金)

コラム 中之島

▼6月の台風上陸は8年ぶり。地球温暖化の影響で天地は荒れ、地震・豪雨・竜巻と猛威をふるい、今まで築いてきた文化、生活、人命までも一瞬の間に奪っていく。自然との共存でなく、無謀な開発で切り裂いてきた人間に天地が怒りの拳をあげているのかもしれない

▼国政も市政も同じ道を歩んでいる。先人たちが築いてきた人間らしく生きる最低限度の文化的生活を根こそぎ崩壊させ、内心の自由さえ奪う改悪が押し寄せている

▼生活保護受給者へのバッシング、最低基準の切り下げ、弱者を攻撃して、排除しても何も生まれない。取り返しのつかない状態になる前に立ち上がる事でしか何かは生まれない

▼「原発をなくしたい」とインターネットのツイッターを使った首相官邸前抗議行動が大きなうねりに成長し、ネットの口コミで6月15日には1万2000人が官邸前を埋め尽くした。自分にもできる事があると立ち上がりはじめている。1万人の参加者に勇気をもらった。あきらめずにたたかい続けると参加者の声

▼ツイッターはストレス解消と悪態をついた市長もいたが、多くの国民、市民は「何かしないと」との危機感を感じているはず。たたかいの渦に勇気を出して参加すれば、きっと前に進む。やまない雨はないから・・・

▼つぶやきから行動へ、一人から集団へ、そんな合言葉はどうだろう?

コラム 中之島

【 大阪市労組 第414号-2012年6月22日号より 】

| | コメント (2)

2012年5月25日 (金)

コラム 中之島

▼4月に新規採用された方、もう仕事には慣れましたか?皆さんの職場は採用前に思い描いた通りでしたか?仕事の楽しさ、難しさも感じている頃でしょう

▼私は、4月2日の発令式で、橋下市長が「君たちは市民に命令する立場だから」と述べたとの報道に
大変驚きました。長年役所勤めをしていますが、市民に命令する立場なんて言葉は、今まで聞いたことも思ったこともありません。「市民の目線に立って」、「全体の奉仕者として」という言葉は何度も聞いたし、自分も日々の仕事はそうありたいと思っています。でも、市長の挨拶はおそらく言い間違いではなかったかと思います。本当は「君たちは私の命令を市民に伝える立場だから」と

▼私たちは「憲法を遵守し擁護します」という誓約書を書いて職務に就いています。憲法には全体の奉
仕者という言葉はあっても、公務員は命令する立場という言葉は有りません

▼私たちの仕事は、窓口対応でも、保育現場での保護者対応でも、相手の話をじっくり聞くことから始まり、制度の説明などできるだけわかりやすく行ないます。時には相手の質問に直接関係のないことでも、相手の利益や利便性につながることならお伝えします。そうやって、信頼関係を少しずつ築いて、理解を得られるのではないでしょうか

▼市役所が文字通り市民とってお役に立つ所になるように一緒に頑張りましょう。

コラム 中之島

【 大阪市労組 第413号-2012年5月25日号より 】

| | コメント (1)

より以前の記事一覧