2020年6月24日 (水)

4月~施行 会計年度任用職員制度が始まりました

新たに導入された会計年度任用職員制度が始まって2か月が経過しました。私たち市労組は、導入1年以上前から大阪市と折衝を重ねてきました。この制度によって非常勤嘱託職員は会計年度任用職員となり、地方公務員法が適用されて責任と制約が大きくなりました。それにともなって賃金・労働条件については明確に示されることが必要であり、雇用の安定ということも求められます。

続きを読む "4月~施行 会計年度任用職員制度が始まりました"

| | コメント (0)

機関紙『大阪市労組』 第500号 発行を記念して思うこと

機関紙『大阪市労組』 第500号 発行を記念して思うこと

大阪市役所労働組合 執行委員長 井脇 和枝

機関紙『大阪市労組』は、大阪市役所に働く全ての仲間の機関紙として、1990年7月23日に第1号を発行しました。その前日7月22日は、市政刷新と要求実現を目指して"大阪市役所労働組合"が結成された歴史的な日でした。

202006241

続きを読む "機関紙『大阪市労組』 第500号 発行を記念して思うこと"

| | コメント (0)

組合員のコーナー:宝塚劇場が大好き!その原点は…漫画!?福祉保育支部S

202006242私の癒しは宝塚歌劇。でも、その原点となったのは漫画であったかも…

小学生の頃「ベルサイユのばら」や「ブラックジャック」など熟読し、アニメにも興味が出て「銀河鉄道999」で映像美や声優さんに興味が出ました。漫画の世界から歴史や宇宙の神秘、科学の不思議などに興味が持てたとも思っています。

漫画原作がドラマになるほどで、小説でなくても充分に世間様が理解を示すものとなりました。小説は自分で色んなキャラクターをイメージして自分なりの世界観で面白いですけど、こうした固定キャラも今の時代には視覚から…かな?

アニメも脚本はもちろん、映像の美しさと音楽が素晴らしいんです。真夜中にやっているおかげで、物語に引き込まれワクワクしたり感動の涙を流したりで、この10年近くですっかりアニメファンにも復活…だって気づけばDVDを購入しているのです。

大好きな宝塚が上演する漫画、アニメやドラマで素敵だったから読んでみたくなる漫画。卒業したはずの漫画でしたが、ぐるりと戻ってきてしまった次第です。ただし…

読むのに老眼鏡が必要って…そこまでして?と悩むところですけどね。(笑)
福祉保育支部S

組合員のコーナー:宝塚劇場が大好き!その原点は…漫画!?
【 大阪市労組 第500号-2020年6月24日号より 】

 

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

大阪市をなくさんといて 政令都市だから出来ることがいっぱいある!

『大阪市廃止・分割構想(都構想)』学習会を開催しました。

「大阪市廃止構想(都構想)って市民や今の職場にどんな影響があるの?」「身近な自冶体になるってホンマ?財政効果はあるの?」「大阪は本当に成長したの?維新府政市政で、廃止、削減、改悪した住民サービスがいっぱいあるけどもっと増えてしまうのでは?」などなど不安や疑問に思っていることをみんなで学習しました。

続きを読む "大阪市をなくさんといて 政令都市だから出来ることがいっぱいある!"

| | コメント (0)

市労組連春闘要求の申し入れをしました

3月17日、大阪市労働組合総連合は大阪市に対して18項目にわたる春闘要求書を提出し、交渉を行いました。

新型コロナウイルスの感染拡大などで景気が大きく落ち込み、市民の不安が増大している中で、大阪市がやるべきことは、カジノ・万博などの巨大開発や大阪市廃止・分割(都構想)などの推進ではなく、市民生活を応援し、感染拡大をくい止めるための医療などに人員と予算を増大させることであることなどを申し入れました。その中で、大阪市の病気休暇の当初3日間無給制度の問題点も指摘しました。特に感染症については、職員だけではなく市民にも感染を拡大することにもなるため、当初3日間の無給は廃止すべきであることも強調しました。

そして、市民の暮らしを守るためには、教・職員が働き甲斐のある職場こそが必要であることを強調し、今後の労使の協議を進めていくことを強く要請しました。

202003253

続きを読む "市労組連春闘要求の申し入れをしました"

| | コメント (0)

2020年2月26日 (水)

賃金・労働条件(給与改定、一時金以外)での回答交渉 一定の前進を勝ち取る

202002261市労組連は、10月16日(水)に24項目の2019年度賃金確定市労組連要求の申し入れを行い11月7日(木)に回答を得た給与改定、一時金以外の賃金、労働条件について数回にわたる事務折衝を重ねる中で、1月28日(火)に回答交渉を迎えました。

回答内容は、少しではあるが、前進はあったものの相対評価の昇給反映については、不誠実な交渉態度を続け、市労組連の要求する昇給への反映廃止には至りませんでした。市側の提案する見直しでは、行政職1級については、見直しとならず、改悪となり、若年層の競争強化を強いるものです。市労組連は、検討するとして持ち帰った提案を修正せずに再提案し、説明もないままでいる市側の態度に対し、交渉そのものが不十分であるとともに不誠実だと強く迫りました。市側は、提案内容の修正を拒んだままですが、不誠実だったことを認め、今後の検討課題としての協議が必要であることを表明しました。

202002262また、今後、提案が予想される技能労務職給料表の見直し提案は、引き下げに繋がるものであり、中止するよう強く要請しました。

病気休暇の3日間無休を有給化にするための該当感染症の枠拡大、夏季休暇の半日取得、格付け基準の改善等、前進していない要求については、引き続き粘り強く協議をすすめます。

 

続きを読む "賃金・労働条件(給与改定、一時金以外)での回答交渉 一定の前進を勝ち取る"

| | コメント (0)

新たに改憲発議に反対する全国緊急署名を開始します

202002265いま、安倍改憲のスケジュールにとって決定的な山場を迎えています。安倍首相は臨時国会終了後の記者会見で「必ずや私の手で(改憲を)成し遂げていきたい」と語り、自らの自民党総裁任期の2021年9月までに実現する決意を語りました。

この重大な時期に際し、全国市民アクション実行委員会は、従来取り組んできた3000万署名にかえて、新たに「安倍9条改憲反対!改憲発議に反対する全国緊急署名」の取り組みを開始しました。この安倍総理がいう改憲スケジュールからみて、安倍改憲をめぐるたたかいはいよいよ最大の山場にさしかかりました。2020年の通常国会と臨時国会で「改憲発議」を許すかどうか、さらに2021年通常国会会期中に安倍改憲国民投票を許すかどうかの正念場になりました。この安倍首相の企ては絶対に阻止しなければなりません。

大阪でも2月2日に署名のスタート集会が開催され、署名をする意義などが訴えられました。この闘いに積極的に応じてたくさんの署名を集めましょう。

新たに改憲発議に反対する全国緊急署名を開始します
【 大阪市労組 第498号-2020年2月26日号より 】

| | コメント (0)

地方自治体の最大の役割、それは災害から住民のいのち・くらし・財産を守ること!

防災学習会

1月31日、防災問題学習会(いのち・くらし・そして明日へ)~防災を学ぶつどい~がありました。自冶体労働組合が地域での防災計画をチェックする視点を学びました。

「地域防災計画など各種計画が形式ではなく実効性のある計画になっているか、ガイドラインのコピーになっていないか、地域の特性をちゃんと踏まえているか、実際に活用できているかなどをしっかりチェックし、課題を明らかにして、行政の責任で改善を求めていきましょう。」という話でした。ここ数年地震や台風等の大規模な災害により大阪市においても多くの被害が生じています。今後も南海トラフ巨大地震や大型台風・豪雨災害など自然災害が想定されています。この間の災害時の教訓を生かし、自冶体の最大の役割である、"住民のいのち・くらし・財産"を災害
から守るための予算執行と職員体制の強化が急務になっています。

続きを読む "地方自治体の最大の役割、それは災害から住民のいのち・くらし・財産を守ること!"

| | コメント (0)

支部活動こんなことやってます

区役所支部

区役所支部では奇数月の第3水曜日に市労組事務所4階で「生活保護ケースワーカーのしゃべり場」を行っています。毎回テーマを決めてそれについて勉強をしたり職場の悩みなどを話し合ったりしています。

2020022643月18日は「来年度の実施要領について」を予定しています。生活保護現場以外の方の参加もお待ちしています。今後は区役所職場ならではの悩みなどを話せるような活動をしていければと考えています。

福祉保育支部

1月30日(木)福祉保育支部が遊びの交流会『ポランの広場』を開催しました。

手遊びの交流では「長時間保育の時に異年齢で楽しめるよ」「こんな風にアレンジしても楽しいね」など保育へのいかし方もいろいろと出され、さっそく明日やってみよう、とメモをとる人も。かわいい仕草の『パイナップルプル体操』やふれあい遊びで、元気いっぱい身体を動かしたり、みんなで季節の歌を歌ったりして、あっという間の二時間でした。

支部活動こんなことやってます
【 大阪市労組 第498号-2020年2月26日号より 】

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

賃上げと格差是正の共同を広げる2020年春闘を

2020012401今年の春闘は、全国的にも大阪にとっても、労働者・国民にとって大きな闘いが展開される中での春闘となります。市労組は春闘を起点に、大幅賃上げ、長時間労働の是正、人員確保、社会保障の充実で地域経済を立て直し、憲法が生きる人間らしく暮らし働ける地域・職場をめざしてとりくみます。

続きを読む "賃上げと格差是正の共同を広げる2020年春闘を"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧